髭が濃くなる原因は男性ホルモン?!テストステロンの抑制法3選!

更新日:

髭が濃くなる原因はホルモンにある?

男性ホルモンは男性として生きていく上で必要なホルモンですが、増加しすぎると体毛の増加などを招く原因にもなります。

当然髭も深いかかわりがあり、男性ホルモンの増加が原因で髭が濃くなってしまいます

男性ホルモンの増加が原因で髭が濃くなっている場合、髭剃りなどでどれだけ対応しようがその原因を解決しない限り、それだけでは濃い髭をなくすことはできません。

男性ホルモンについて正しい知識を身につけ、対策を考えていく必要があるのです。

⇒男性ホルモンを抑制する方法チェック

主な男性ホルモンの5つの種類

男性ホルモンとはひとつではなく、「ジヒドロテストステロン」など、いくつか種類があります。

主な男性ホルモンの種類を以下にまとめましたので、どういった種類があるのかも把握しておきましょう。

①テストステロン

男性ホルモン=テストステロンと言われることもありますが、これはテストステロンが男性ホルモンの95%を占めているからです。

骨格を良くする・筋肉を増やす・体毛を濃くする・性欲を増大させるなど、男性らしさのために必要な役目を担っています。一般的に女性には男性の1/10~1/20程度しかテストステロンは分泌されません。

②ジヒドロテストステロン(DHT)

薄毛になる原因として説明したジヒドロテストステロンDHTと省略されることも多く、テストステロン5αリダクターゼが結合して作られる男性ホルモンです。「薄毛になる」など成人してからは困る影響が多く言われていますが、男の子の胎児の性器を形成するなど大切な役目も持っています。

③デヒドロエピアンドロステロン(DHEA)

デヒドロエピアンドロステロン(DHEA)についてはまだ研究段階であり、詳しくは分かっていません。テストステロンの材料でもあることから「ホルモンの母」などとも呼ばれ、海外などでは「若返りサプリメント」として使用されることもあります。

④アンドロステロン

アンドロステロンは男性と女性で働く効果が異なり、男性にとっては覚醒作用があるホルモンとなっています。

⑤アンドロステンジオン

アンドロステンジオンテストステロンの元になる物質であり、デヒドロエピアンドロステロンなどから変化し、テストステロンなどになる前の状態です。

これらの男性ホルモンのうち、髭が濃くなる原因となっている主な男性ホルモンは「テストステロン」「ジヒドロテストステロン」の2つです。

男性ホルモンが髭を濃くするメカニズムとは?

髭が濃くなる原因の男性ホルモンとして「テストステロン」そして「ジヒドロテストステロン」が関わっていることが分かりましたが、これらがどのようにして髭を作っているのかも知っておきましょう。

テストステロンは血液中にありますが、毛乳頭皮脂腺の近くにある5αリダクターゼと結合すると、ジヒドロテストステロンに変化します。

そしてジヒドロテストステロンが男性ホルモンを引きつける受容体(レセプター)に引き寄せられると、個人により様々な要因はありますが「IGF-1(成長因子)」もしくは「TGF-β(脱毛因子)」が作られます。

どちらが発現するかは遺伝などにもよりますが、髭で作られるのは「IGF-1(成長因子)」であることがほとんどです。

成長因子が作られた結果、毛母細胞の細胞分裂を促し、髭が濃く多く生えてしまう原因になります。

一方頭皮部分では「TGF-β(脱毛因子)」が多く作られるので、薄毛・抜け毛などが起こってしまうのです。

途中までは同じですが遺伝的な要因だけなのか、また違う物質が作用しているかという部分についてはいまだよく分かっていません。

とはいえ濃い髭の原因がこういったジヒドロテストステロン、そして髭部分に発生した成長因子によるものであることは確かです。

⇒男性ホルモンを抑制する方法にいく

男性ホルモンの4つの役割とは?

加齢臭 20代 若年性加齢臭

髭が濃くなる原因は男性ホルモンですが、男性ホルモンの役割はそれだけではなくもっとたくさんあります。

その中には男性らしさを作るため、男性として生きていくために必要なものもあり、「ただ髭を濃くする悪いもの」というわけではありません。男性ホルモンの役割についてもきちんと理解しておきましょう。

①体毛を促進させる

人体に体毛はたくさんありますが、思春期以降に発毛する体毛のことを「性毛」と言います。

この中でも男性のみ生えてくる毛のことを「男性毛」、男女どちらも生える毛のことを「両性毛」と区別しますが、どちらも男性ホルモンの影響を受けて発毛します。

ホルモンの影響を受けにくい毛のことは「無性毛」と呼ばれています。男性のみに生えてくる毛として「髭」「胸毛」「腹毛」、男女ともに生えてくる毛として「陰毛」「わき毛」などがあり、男性ホルモンが多い男性は髭や胸毛、腹毛が生えやすく、そして濃くなりやすくなります。

②アレルギーを抑制する

男性ホルモンにはアレルギーを抑制する働きがあります。

アトピー性皮膚炎食物アレルギーを子どものころ発症し、成長と共になくなっていくという話はよく聞きますが、これも男性ホルモンが増え改善したからです。

喘息なども改善する可能性がありますが「全てのアレルギーが必ず改善する」というわけではなく、「男性ホルモンを増やせば大丈夫」と安易に考えてよいものではありません。

③薄毛・抜け毛

男性ホルモンと5αリダクターゼという物質が結びついてできる「ジヒドロテストステロン」というホルモンは、頭皮のホルモン受容体と結合して髪の生成を阻害する働きも持っています。

日本人男性の4人に1人が男性型脱毛症で悩んでいるというデータもある程に頭皮の悩みを抱えている方は多く、ジヒドロテストステロンを作らない=5αリダクターゼと結合させないようにする必要もあります。

「男性ホルモンは体毛を促進するのに髪の毛は減らすのか」と思われるかもしれませんが、男性ホルモンが体毛を促進させるのは「鼻から下」です。

髪の毛が伸びやすくなるのは女性ホルモンですので、同じようには考えられないのです。

このように「体毛を促進させる」「薄毛になる」など困ることもありますが男性ホルモンは必要なものであり、逆に男性ホルモンの分泌量が減りホルモンバランスが乱れると、また別の影響が出てきます。

④更年期障害

男性ホルモンのピークは20代でその後は徐々に減少し、ホルモンバランスが乱れる可能性が高くなります。

その結果性機能の低下や筋力の低下、免疫力の低下、そして体脂肪の増加と言った「年齢的な衰え」と言われる影響、そして集中力や記憶力の低下やめまい、情緒不安定などといった精神的な部分にも影響があります。

更に悪化してしまうと糖尿病や認知症、また脳卒中など生活習慣病のリスクも高くなります。

男性ホルモンは減らしすぎてしまうのも良くありませんので、規則正しい食生活や筋トレ、睡眠などによる維持も大切です。

男性ホルモンを抑制する方法とは?

濃い髭は男性ホルモンが分泌されすぎていることが原因ですので、男性ホルモンを抑制する方法を知っておくことが大切になります。

とはいえ、男性ホルモンを抑制する方法とはどのような方法があるのでしょうか。

男性ホルモンを抑制する方法についてひとつずつ説明しますので、しっかり確認するようにしてください。

①肉中心の生活をやめ、イソフラボンを摂取する

スクリーンショット 2017-07-17 18.11.05

赤身肉などに含まれる動物性タンパク質テストステロンの分泌を促す効果がありますので、控える必要があります。

またたまねぎにんにくネギに含まれている「含硫アミノ酸」にもテストステロンを増やす働きがあります。

火を通すと効果がなくなりますので、摂取する場合は加熱済みのものにしましょう。

男性ホルモンを抑制するために摂取したい食材は「イソフラボン」が含まれている食材になります。

イソフラボンは女性ホルモン(エストロゲン)と同じ働きがあり、女性ホルモンの働きを増やす効果が期待できます。

男性ホルモンを増やすのではなく女性ホルモンの働きを高めることによりホルモンバランスを整え、男性ホルモンを抑制させるという方法になります。

イソフラボンが多く含まれている食材としては「大豆」が有名ですが、以下のような大豆食品に多く含まれていますのでぜひ毎日の食生活に取り入れてみてください。

・納豆
・豆腐
・きなこ
・みそ

イソフラボンは豆類に多く含まれていますので、ナッツ類などもおすすめです。

イソフラボンの1日摂取量の目安は30~40gですので、摂り過ぎには注意しましょう。

男性が必要以上にイソフラボンを摂取しすぎると胸が大きくなる(乳房肥大化)可能性もありますので、1日の摂取量の目安は必ず守るようにする必要があります。

②ノンレム睡眠を意識してターンオーバーを活性化させる

レム睡眠
出典:http://www.berry-counseling.com/

睡眠不足生活リズムの乱れを招き、ホルモンバランスを乱す原因となります。

睡眠不足が続くと一気に男性ホルモンが減少する可能性もあり、テストステロンが一気に減少するとそれを補うために5αリダクターゼと結びついてジヒドロテストステロンが作られてしまう原因ともなってしまうのです。

睡眠にもリズムがあり、浅い脳は働いている「レム睡眠」、深い眠りにつき脳も休んでいる「ノンレム睡眠」をおよそ90分間隔で繰り返しています。

このリズムに合わせ、90分区切りで睡眠を取る(6時間、または7時間半の睡眠など)を睡眠時間とすると目覚めもよくなります。

ノンレム睡眠は成長ホルモンを分泌させます。成長ホルモンという名前で「大人には必要ないもの」と思われがちですがそうではなく、精神的・肉体的な健康の維持、そして男性ホルモンの正常な分泌を促すものです。

浅い睡眠を繰り返したり生活リズムが不規則ですと成長ホルモンがしっかり分泌されず、この結果ホルモンバランスが乱れることになります。

睡眠時間をきちんと取る、睡眠を改善することは最も重要とも言えますので、特に身体の代謝機能が最もよく働く22時から2時までの間は就寝しておくことが大切です。

③ストレスや喫煙回数を減らす

喫煙 タバコ

ストレスはホルモンバランスを乱す原因となり、男性ホルモンを増加させる原因となります。

また喫煙はニコチンやタールなどの有害物質を取り込む行動ですので、身体を守るために「これを排除しよう」という働きが起こり、男性ホルモンが多く分泌されます。

どちらもその行動が直接髭の濃さに関わっているわけではありませんが、男性ホルモンには強い影響を与える行動です。

ストレス発散のために喫煙しているという方もいらっしゃるかもしれませんが、どちらも男性ホルモンを増やす、ホルモンバランスを乱す原因であるという認識は持っておきましょう。

ストレス発散のおすすめ方法をいくつかご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

①:運動

運動はストレス解消にはもちろん健康のためにもなり、一石二鳥以上の恩恵を得られます。

何もジムなどに通って本格的に行う必要はなく(それももちろん良いことですが)、ウォーキングやジョギングなどの軽い運動でも十分です。同時に運動不足解消にもなりますので、運動はぜひおすすめしたいストレス解消方法です。

②:旅行

いつもと違う場所や雰囲気で新鮮な刺激を受けるのもストレス解消になります。もちろん時間を作れるのであれば何週間、何日もかける旅行も良いでしょう。

③:好きなものを食べる

ストレス解消のためと言って毎日何も考えずに好きなものを食べるのはもちろんよくありませんが、「たまの息抜き」として好きなもの、美味しいものを食べると人間の三大欲求である食欲が満たされストレス解消になります。

④:睡眠を取る

毎日が忙しいと休日は休日でやりたいことで埋まってしまいますが、何も予定がない日はぐっすり寝てしまうのもストレス解消になります。

日頃の疲れを癒やすこともできますので、思い切って寝てしまうこともおすすめです。寝すぎてその日の夜眠れなくなり次の日に影響が出ては意味がないので、個人個人の睡眠時間に合わせそこだけは調節するようにしておきましょう。

④抑毛ローションを使用する

髭を薄くすることや生えるスピードを遅くすることができる抑毛ローションを使用することも非常におすすめとなっています。

抑毛ローションには男性ホルモンと5αリダクターゼが合成されるのを抑制する「大豆イソフラボン」や「ゴボウエキス」、「ザクロエキス」などの成分が配合されており、髭を薄くすることができたり、生えるスピードを遅くすることが可能です。

そんな抑毛ローションではゼロファクターというローションが長年、濃い髭に悩まされている方に最も支持されている商品となっています。

毎日髭に塗るだけで、有効成分が男性ホルモンと5αリダクターゼが合成されるのを抑えることができるので、毎日の髭剃りの回数も減らすことが可能です。

非常に便利な商品なので、1度も使用したことがない方は1度チェックしておきましょう。

ゼロファクター

⇒公式サイトはこちらをクリック

口コミや有効成分の解説はこちら⇒「ゼロファクターを使用した感想は?体験したリアルな口コミを大公開!

濃い髭対策には脱毛が最もおすすめ

上記の通り髭の剃り方や生活習慣の改善によって、髭が濃くなる原因を対策することは可能です。

しかしあくまで濃い髭を対策するだけのため、やめてしまえば再度髭が濃くなってしまうことも事実となっています。

そのため濃い髭の対策には一生涯髭の悩みをなくすことができる脱毛が最もおすすめとなっています。

以下の画像のように脱毛サロンにいくだけで、以下のような濃い髭も綺麗に整えることが可能となっています。

<Before⇒After>


出典:MEN`s TBC

以下は間引きと呼ばれる自然に感覚を開けながら脱毛する方法になっています。

<Before⇒After>


出典:MEN`s TBC

そんな脱毛サロンの中でもMEN`s TBCの脱毛は他のサロンには抜きに出ており、非常に人気となっています。

MEN`s TBCでは電気脱毛とよばれる脱毛方法で、1本1本丁寧に脱毛していくため、綺麗に髭を整えることが可能となっています。

また永久脱毛となっているため、何度もサロンに通う必要がなく、髭の悩みを解決できるようになっています。

TBCについての記事はこちら⇒MEN`S TBC「ヒゲ脱毛コース」の効果とは?体験料金1,000円は本当?

[TBCコード]

【おすすめ脱毛関連記事

また、万が一のトラブルやさらなる専門的な施術を受けたい方には医療クリニックでの脱毛も検討しましょう。

その中でも安心とサービス面に定評のある「メンズリゼ」はおすすめです。

メンズリゼは脱毛の効果を期待できることももちろんですが、サービス面が充実しております。

無料のカウンセリング、シェービング(剃毛)代や予約キャンセル代、再診料金、お薬代無料と麻酔料金や脱毛料金以外は基本的に料金が発生しません。

また、就活割という男子学生対象の割引や脱毛コースの有効期限5年、予約のキャンセル料無料、コース終了後は半額で脱毛可能など、顧客目線で考えられているサービスが充実してます。

脱毛する機械も3種類使用しており、患者それぞれの肌状態や毛の質に合わせ、脱毛を受けられます。

メンズリゼが気になった方は1度公式サイトをチェックしましょう。

スクリーンショット 2018-03-23 8.19.20-min

⇒公式サイトはこちら

メンズリゼの脱毛効果は?口コミ・評判・痛み・価格を徹底検証!

【おすすめ脱毛関連記事

間違った髭の剃り方も原因の1つ!

「髭剃りで濃い髭を無くすことはできない」というのは少し違って、正しい髭剃りを行うことは大切です。カミソリ負けをしてしまうような髭剃り方法、また髭を抜いてしまっている方は、逆に髭を濃く強くしてしまっています。

カミソリ負けをすると肌は自身を守るための防御策として、より濃い髭を作るようになります。

髭を抜くのも同様で、抜いてしまうと髭の毛根部分の毛細血管を壊してしまい、「より太く安定した血管を再生しよう」という働きを招きます。

毛根部分の血管がより太くしっかりしたものになりますので、もちろんそこに生える髭も以前より太い、しっかりした髭となってしまいます。

強い負荷があると、人の身体はそれに耐えるための対策を行うようになります。

  • カミソリ負けするような深剃り・逆剃りをしない
  • シェービングフォームは必ず使う
  • 髭は絶対に抜かない

肌を守るためにも過度の刺激を与えないためにも、こういった「正しい髭剃り方法」が大切になります。

正しい髭の剃り方とは?

髭は正しく剃ることで髭を濃くする原因……男性ホルモンが過剰に働くことを防ぐことが可能です。

そのためにはどのような方法で剃れば良いのでしょうか。

これから順を追って説明していきますのでひとつずつ確認し、正しい髭剃り方法を覚えましょう。

髭剃りは毎日のことですので手慣れている、知っていると思われるかもしれませんが、この機会に1度、自分の髭剃りの方法が正しいかどうかを再確認してはいかがでしょうか。

①:剃る前に髭をぬるま湯で柔らかくする

髭は固いまま剃るよりもふやかして柔らかくしてから剃るほうがきちんと剃ることができます。水分を含むと髭は膨張して柔らかくなって剃りやすくすることができますので、必要以上の深剃り逆剃りを防ぐことができます。

最初に洗顔料を使って洗顔する方もいらっしゃいますが、洗顔料を使ってしまうと肌の皮脂なども取り除いた状態になってしまいます。特に敏感肌乾燥肌の方はカミソリ負けの原因となりますので、ぬるま湯で髭をふやかすだけでも十分です。

髭剃りの前にお湯で洗顔し、ホットタオルなどでしっかり髭をふやかしておきましょう。

②髭の生えている方向に剃る

最も大切なポイントは「髭の生えている方向に剃る」、基本は上から下に剃るということです。カミソリは使う回数が少ないほど肌への負担が少ないので、細かく何度も剃らず1度に大きく動かして剃り、面積を増やすことも大切です。

大きく剃ったあと剃り残しがあった場合のみ、逆剃りをします。

逆剃りは正反対から行うのではなく斜め45度くらいの角度から、また剃る場所も最初と違い、できるだけ小さく最小限に抑えることで肌へのダメージも少なくすることが可能です。

注意点として、電気シェーバーを使っている場合は逆が基本になり、「逆剃り」を基本とします。下から上に滑らせるように剃っていくと素早くきれいに剃ることができます。

③回転式の電気シェーバーを使用する

肌への負担を少なくしたい場合は回転式の電気シェーバーがおすすめです。電気シェーバーには「回転式」「往復式」があり、それぞれにメリットデメリットがあります。

<回転式シェーバーの特徴>

  • 往復式より肌に優しい
  • 深剃りには向いていない
  • 往復式より時間がかかりやすい

<往復式シェーバーの特徴>

  • 種類が多い
  • 深剃りしやすい
  • 肌荒れの原因、また肌を傷つける可能性が高い

機種によって違う場合もありますが、回転式・往復式シェーバーのメリット・デメリットは以上のようになります。「回転式のほうが肌に優しく、深剃りしにくい」のが特徴で、ここで「間違った髭の剃り方」を思い返してみましょう。

カミソリ負けをするような剃り方は肌を刺激し、男性ホルモンの分泌を促してしまう可能性があります。

往復式は髭剃りの時間も短縮できますが肌を傷つけやすく、濃い髭に悩まされている方にはおすすめできません。

時間は多少かかる場合もありますが、回転式のシェーバーで肌を傷つけないように髭剃りを行うことをおすすめします。

まとめ

髭が濃くなる原因である男性ホルモンですが、正常なバランスにするための方法は髭だけではなく健康面から見てもおすすめしたい内容ばかりです。

規則正しい睡眠時間、ストレスの適度な発散、喫煙本数を減らすなど、できるところから少しずつ生活習慣を改善することが大切です。

髭が濃いと髭剃りにも時間がかかり、また更に肌を傷つけてしまうことにもなります。

男性ホルモンを正常にし、濃い髭を減らすことで更に肌に優しく髭剃りを行うことも可能になりますので、生活習慣や食生活などトータル的に見直していきましょう。

また髭を剃るのはめんどくさいという方は、1度脱毛を検討されることをおすすめします。

[TBCコード]

<脱毛サロン関連記事>

MEN`S TBC「ヒゲ脱毛コース」の口コミまとめ!体験料金1000円は本当?

<抑毛ローション関連記事>
2