楽してワキガを抑えたい人必見!ワキガにおすすめのグッズや食べ物

更新日:

そもそもワキガの原因って?

両腕をあげてワキを強調している男性

ワキガの原因って?

ワキガの簡単な抑え方を学んでいく前に、まずはそもそもなぜワキガが引き起こされるかその原因を簡単に見ていきましょう。

アポクリン腺

そもそも発生したばかりの汗は無臭です。ではなぜあの独特なニオイを持つ汗に変化してしまうのか、それはアポクリン腺というのが関連しているのです。

あまり聞き覚えがないかも知れませんがワキガを知るうえで外せないキーワードとなります。

それでは一緒に見ていきましょう。

汗は汗腺から分泌されます。これはご存知の方は多いでしょう。

その汗腺にはエクリン腺とアポクリン腺があり、エクリン腺は全身に分布していますが、アポクリン腺は陰部や肛門、そしてワキなど体の特定の部位に分布しています。

さて、今あげた部位に共通することは何でしょうか?

そうです、そのいずれもデリケートなニオイが発生しやすい場所なのです。そのニオイは陰部ならばスソワキガ、ワキならばワキガと呼ばれます。

アポクリン腺はワキガのニオイの原因となる犯人なのです。

そしてこのアポクリン腺は特にワキに多く分布しています。

そもそもこのアポクリン腺はフェロモンの発生器官です。適度な量ならば異性を惹きつけるフェロモンとして機能しますが、度が過ぎると異性に好かれるどころか近寄ってももらえなくなるかも知れません。

例えるならば香水と一緒ですね。ほのかに香る香水は周りの人に好感を与えますが、つけすぎている香水はかなりキツイものがあります。強烈な香水のニオイを振りまいている人はどんなに見た目がいい人でも幻滅してしまいますよね。

ちょっと話がそれてしまいましたが、つまり言いたいことは適度ならば問題ないどころかいい働きをするアポクリン腺ですが、度が過ぎてしまうことでそれがワキガとなるのです。
香水だったら自分で調整できますが、アポクリン腺の数は個人で決まっており自分で調節することは出来ません。

その数や大きさの度合いは遺伝するもので両親のどちらかがワキガだったら子どももほぼ間違いなくワキガになるそうです。

だったらもうどうしようもないじゃないかと泣き寝入りするしかないのでしょうか?

いいえ、お待ちください。

最初にお話ししたように発生したばかりの汗は無臭なのです。その汗と皮膚にいる菌が反応することで初めてニオイが発生するのです。

つまり生まれ持ったアポクリン腺の数は変えるのはほぼ不可能ですが、ワキガのニオイを抑える対策はできるのです。それを今から見ていきましょう。

どうすれば抑えることが出来る?

先ほどアポクリン腺の数を変えるのはほぼ不可能であると述べましたが、実は一つだけ方法があります。

それは手術をしてアポクリン腺そのものを取ってしまうのです。手術には完全に取ってしまうものと数を減らすものとがあります。
それぞれメリット、デメリットがあります。今回は詳しくはお話しませんのでご興味ある方はこちらのページをご覧ください。

手術は時間もお金もかかるので決して楽な方法とは言えません。

ですので、アポクリン腺の数を変えるのではなく、アポクリン腺から発生した汗がニオイを発するのを抑える方法をいくつかご紹介したいと思います。

定期的な運動

サイクリングをする男性

ワキガにとって運動は良いこと?悪いこと?

ここで一つ問題です。

ワキガに悩む人に取って運動することは良いことでしょうか、それとも悪いことでしょうか?

運動したら汗をかくから悪いことだと思ったあなた!

今日ここでその考えを改めてください。

先ほど述べたようにかいたばかりの汗は無臭です。
適切に処理さえすれば運動して汗をかくことは問題ではないのです。それどころかワキガを抑える効果もあるのです。

それを見ていきましょう。

汗には体の老廃物を外に排出する働きがあります。ワキガは本来無臭な汗が皮膚にいる菌と反応することで引き起こされると学びましたが、汗をかくのを恐れて運動を避けていると菌の増殖の原因となる老廃物が溜まってしまうのです。夏よりも冬の方がワキガのニオイがキツイのは夏に比べて汗をかかなくなるからです。

適度に体を動かして健康的に汗をかくことがワキガを抑えることにつながることがお分かりいただけたでしょうか?

もちろんかいた汗をそのままにしているとニオイの元になりますので運動後はシャワーを浴びたり、きれいに拭き取ったりして肌を清潔に保ちましょう。

食生活の改善

料理の写真

普段の食事がワキガと関係する?

突然ですが、皆さんは普段どんな食事をしていますか?

ここ数日の食事を思い出してみてください。

インスタントラーメン、ピザ、ステーキ、キムチ、ハンバーガー…etc。

どれも現代人の食卓には欠かせない美味しいものばかりですが、もしこれが続いていたら大問題です。あなたの食事はワキガを悪化させているかもしれません。

以下にワキガを悪化させてしまう食べ物をまとめましたのでチェックしてみてください。

要注意!ワキガを悪化させる食べ物
ニオイの強いもの:ニンニク、ニラ、玉ねぎなど
香辛料や刺激物
油分を多く含むもの(特に動物性脂質):肉料理、カップ麺やインスタント食品など
塩分や糖分を多く含むもの:スナック菓子や炭酸飲料、ジャンクフードなど
乳製品:チーズやキムチなど

いかがですか?

もしこのような食品が中心の食生活を送っているとしたら赤信号です。自炊せずに外食ばかりの人やコンビニにあるもので食事を済ませている人は要注意です。

もし以上のものが大好物だとしたら食べるのを止めることはストレスになるでしょうから、食べる回数を減らしてみてはいかがでしょうか。

楽してワキガを抑えるには

ワキガには適度な運動が効果的で、食べ物も気を付けることで予防になることを学んできました。しかし時間を作るのが難しかったり、そんな気力が残ってなかったりして運動はなかなか出来ないという方もいると思います。

また、食事もどうしても外食が中心でジャンクフードばかりになったり、手軽なインスタント食品やジャンクフードを食べざる負えない方もいると思います。

このように忙しい現代社会では生活習慣を変えるのは実際問題難しいかもしれません。

かといって手術するとなるとなおさらです。比較的短時間で終わる手術ではありますが、事前に予備知識や手術する病院を調べたり、術後日常に戻るまでの時間だったり実際ある程度は時間が必要です。

ワキガを楽に抑える方法はやはりないのでしょうか?

いいえ、ご安心ください。そんな忙しい現代人、また面倒くさいのは嫌だという人のためにとっておきのワキガを抑える方法があります。

ワキガを抑える色々なもの

ここからは使うだけ、食べるだけでワキガを抑えてくれるものを紹介していきます。いずれもすぐ手に入るものばかりなので試してみてくださいね。

グッズ

浴室の写真

普段の生活に取り入れられるワキガ撃退グッズとは?

柿渋石鹸。柿に含まれるタンニンがニオイの原因菌を殺菌してくれます。
緑茶石鹸ポリフェノールには消臭効果、殺菌効果があります。
入浴時に普段使っているものと交換するだけなので手軽ですね!

クエン酸水素イオンが含まれる入浴剤。防臭効果、殺菌効果があります。
こちらも普段の入浴剤として取り入れるだけでいいので楽ですね。また疲労回復や免疫効果もあります。

天然素材を使った衣類。
ニオイを吸収してくれます。特におすすめなのは綿製品です。通気性、吸水性にも優れています。下着として取り入れてみるといいかもしれません。

⇒グッズ選びに悩んでいる人はこちら

市販薬

制汗剤
塗るタイプ、スプレータイプ、シートタイプ、クリームタイプなど様々な種類があります。

お風呂上りや寝る前など汗をかく前にさっと使うだけで楽してワキガを抑えることが出来ます。
制汗効果はもちろん、殺菌効果もあるのでワキガを抑えるには最適です。
ちなみにもっとも強力なのはクリームタイプです。また、香り付きのものだとワキガのニオイと混ざって逆に悪臭になる可能性があるので無臭のものを選ぶのが無難です。

サプリメント
飲むだけでワキガを抑えることが出来ます。次に紹介する食事のワキガ予防法をサポートする形で使用するとさらに効果的です。
おすすめはこちらです。

スクリーンショット 2018-04-11 14.25.06-min

 

⇒公式サイトはこちらをクリック

 

 

食べ物

野菜類の写真

ワキガを抑える食べ物とは?

先ほどはワキガを悪化させる食べ物を紹介しましたが、逆にワキガを抑えるのに効果的な食べ物にはどんなものがあるでしょうか。こちらもまとめましたのでチェックしてみてください。

普段の食事に取り入れたいワキガを抑える食べ物
ミネラルが豊富なもの:ワカメやメカブなどの海藻類
クエン酸が豊富なもの:レモンや梅干し。ニオイの元となる乳酸を分解してくれます。また抗酸化作用があります。
大豆製品:含まれるイソフラボンに発汗抑制効果があります。
緑黄色野菜:ニンジンやカボチャなど。含まれるビタミンC、E、βカロチンが体臭の原因になる活性酸素を取り除いてくれます。
⑤血液をアルカリ性にしてくれるもの:①から④までのものは全て当てはまります。また他にはバナナがあります。血液が酸性に傾くと体臭が強くなります。

以上、ワキガを抑える食べ物でした。これらはワキガだけではなく体臭そのものを抑える働きもあるのでぜひ普段の食生活に取り入れたいですね。

これらの食べ物を多く含むワキガを抑えるのにベストと言える国の料理があります。

それはどこの国でしょうか?

お気づきの方も多いと思います。

そうです、我が国日本和食です。

ワカメと豆腐の味噌汁、カボチャの煮物、そしてご飯に梅干し

和食は塩分の量にさえ気を付ければ、動物性脂質も少ないのでワキガを抑えるにはまさにうってつけの食事です。

和食の写真

実は和食はワキガにうってつけ!

食の欧米化が進んでいると言われて久しい日本ですが、このワキガを抑えるという観点からも和食を見直してみてはいかがでしょうか。

まとめ

いかがだったでしょうか。

ご自分にぴったりのワキガを抑える方法は見つかったでしょうか。運動や食生活を変えることが難しい人でも今回ご紹介したグッズやサプリ、食べ物を生活に取り入れることで楽にワキガを抑えることができます。

ぜひお試しくださいね。

0