ワキガのピーク年齢は20歳!?発症時期を理解して正しい対策を!

更新日:

ワキガのピークはいつ?

ワキガ体質でお悩みの方の中には「手術をするべきか」と悩んでいる方も多いと思います。

たしかに、手術をすればワキガが改善されることが多いです。

しかし、ワキガにはピークの年齢というものがあります。

手術をするなら、「ワキガのピーク」を考えて決めたほうが良いという考え方もできますよね。

ワキガのピーク年齢を知ってから手術を再考するというのも一つの手段なのです。

では、ワキガのピーク年齢というのは一体何歳頃なのでしょうか。

ピークの年齢はワキガの本質を理解することで分かります。

ピークの年齢をしっかりと知って、ワキガとの付き合い方を再考しましょう。

ではさっそく、ワキガの本質・ピークについて徹底的に解説していきます。

ワキガの原因はアポクリン腺の汗

ワキガのメカニズム

ワキガと大きく関係しているのは「アポクリン腺」ということを、多くの人がご存じだと思います。

このアポクリン腺は、人間以外の哺乳類では全身に存在しているのです。

ワキガの原因は非常にシンプルで、このアポクリン腺から分泌される汗に含まれる脂質やたんぱく質が皮膚の常在菌によって分解されることであの独特な臭いが発生します。

上記の通りアポクリン腺は誰でも持っている汗腺ですが、ワキガ体質である人とそうでない人の違いは、このアポクリン腺が発達しているか、していないかの違いとなっています。

ワキガのピークはこのアポクリン腺がもっとも発達する時期が一番のピーク時期とされています。

ワキガの発症時期は14~18歳

上記のとおり、ワキガのピーク時はアポクリン腺がもっとも発達している時期になりますが、そもそもワキガが発症しやすい時期は14~18歳頃とされています。

この思春期の頃にはホルモンバランスが乱れやすく、ワキガが発症しやすい時期とされているのです。

ではワキガのピークはいつなのでしょうか?

ワキガのピーク年齢は20歳前後

ワキガのピーク年齢は、成長のピークと同様。

なので、20歳前後と言えます。

思春期から20歳前後にかけては成長が著しいですよね。

男女の身体つきがどんどん変化するのも思春期から20歳前後にかけてです。

なので、思春期から20歳前後はワキガのニオイも増加しやすい時期となっているのです。

手術は少し様子を見てからでもいい

成長・ワキガのニオイのピークは20歳前後であることをお伝えしました。

20歳前後をこえたあたりで大人としての身体はほぼ完成。

成長が止まり、徐々に老化が始まります。

これは、ワキガも同様で、ワキガのピークの20歳前後を過ぎるとニオイが徐々に弱まることが多いのです。

今現在ワキガのニオイが強くても、加齢とともにニオイが収まる可能性があります。

これらを考慮すると、手術はワキガのピークが過ぎてからするのが良いという考えになりますよね。

手術を検討するのは、ワキガのピークである20歳前後をこえてニオイが収まらないときで良いでしょう。

20歳以降で急にワキガになることもある?!

「20歳までワキガじゃなかったのに、急にワキガになった」

そんな方はホルモンバランスの乱れが大きな原因となっています。

アポクリン腺はホルモンバランスとの関係性が非常に大きく、ストレスや生活環境の変化、睡眠不足、食生活の乱れによってアポクリン腺が発達することがあります。

20歳以降で急にワキガになったという方はホルモンバランスが乱れるようなことがなかったか振り返ってみましょう。

ワキガ臭を緩和する生活習慣の見直し

次に、「ワキガのピークを過ぎているのにニオイがひどくなっている」というケース。

この場合、ワキガ自体ではなく臭いが出やすい生活習慣になってしまっていることが考えられます。

20歳前後を過ぎても全く臭いが治まらないときは、生活習慣を見直してみましょう。

食生活の見直し

食生活は、ワキガ臭に大きく関係します。

食生活が乱れている場合、ワキガのピークをこえてもニオイが悪化してしまう可能性が高いです。

肉類に含まれる「動物性脂質」や「動物性脂質タンパク質」は、ワキガを悪化させる要因のひとつ。

肉ばかり食べている方は、肉類を控え、野菜中心の食生活をするように心がけましょう。

特に抗酸化作用があるビタミンEはワキガ臭への対策として効果的。

ビタミンEはトマト・パプリカなどに豊富に含まれています。

積極的に食事に取り入れましょう。

パプリカのイメージ画像

パプリカは色鮮やかなので、料理に取り入れると食卓が鮮やかに。見栄え的にも最高です。

適度な運動習慣

普段全く運動をしないという方は、汗腺が正常に働いていない場合があります。

汗腺が正常に機能していない場合、汗の中の脂質やたんぱく質の濃度が高くなってしまうため、臭いがきつくなってしまうことがあります。

汗腺の働きを正常にするためには、適度な運動が不可欠。

運動で、しっかりと汗を流し汗腺の働きを正常にすることが大切です。

運動のイメージ画像

最近では24時間営業のスポーツジムも増えたので活用してみるのも良いですね。

いきなり激しい運動は身体を痛めてしまいますので、軽い運動から始めましょう。

散歩やウォーキング・軽めのランニングがおすすめです。

正しい入浴の仕方

入浴をシャワーだけで済ませているという方、注意です。

シャワーだけでは毛穴につまった皮脂や汚れを完全に落とすことはできません。

皮脂や汚れを落とすには、しっかり湯につかる必要があります。

温めの温度でお湯をため、10分以上入浴するのがベストです。

毎日湯船につかる時間がないという方でも、週に何回かはお湯をためて入浴するようにしましょう。

また汗腺機能の正常化にもつながるなります。

湯につかることはリラックス効果もあり、ストレス解消にもなるので一石二鳥です。

ワキガ対策でもっとも有効なのはデオドラントクリーム

「ワキガのピークの年齢まではまだまだ時間がある」

「ピークの年齢を過ぎたのにワキガのニオイを抑えられない」という方は今すぐニオイを解消したいと思いますよね。

そんな方はデオドラントを使用するのが一番です。

デオドラントクリームには汗の過剰分泌を抑える機能や皮膚上の常在菌を殺菌する殺菌消臭効果があります。

そのためワキガの原因であるアポクリン腺からの汗と皮膚上の常在菌の二つを改善することができるため、根本からワキガを改善することができるのです。

ワキガ対策クリームでは厚生労働省認定の医学部外品である薬用クリアネオがもっともオススメとなっています。

クリアネオには制汗成分であるフェノールスルホン酸亜鉛や殺菌消臭成分であるシオン-5-オールが配合されており、ワキガの原因菌である黄色ぶどう球菌を99.999%も殺菌することが可能です。

ワキガ対策クリームではベストセラーとなっており、メーカーも自信があるため、効果に満足できなかった場合はいつでも返金が可能な、永久返金保証制度がついてきます。

リスクなくワキガ対策ができるので、ワキガが気になってきたという方は一度はチェックしておきましょう。

スクリーンショット 2017-04-30 23.22.15

【薬用クリアネオ】

厚生労働省認定の医学部外品に認定されている薬用のデオドラントクリームです。

無添加処方で安心して使えながら、臭いの原因菌を99.999%殺菌します。満足行かなかった場合でも永久全額返金付きでリスクなく購入可能です。

⇒クリアネオ男性用公式サイトはこちら

⇒クリアネオ女性用公式サイトはこちら

 

クリアネオの口コミや有効成分の解説はこちらの記事をチェック⇒「クリアネオの体臭に”効かなかった口コミ””効いた口コミ”総まとめ!

まとめ

ワキガのピークの年齢について、とことん解説していきました。

ワキガのピーク年齢は20歳前後。

手術を検討するのは、ピーク年齢を過ぎてからで良いことが分かりましたよね。

今現在しているニオイは生活習慣の改善やデオドラントの使用で抑えることができます。

ニオイ対策に有効な商品がたくさん販売されているので、自分に合ったものを選ぶことが大切です。

ワキガのピーク年齢を理解したところで、ワキガとの付き合い方も変わっていきますよね。

自分に適した対策を行い、ワキガと付き合っていきましょう。

<おすすめ関連記事>

ワキガは耳垢の状態でわかる!?ワキガの可能性がある耳垢の特徴は?

ワキガってどんな臭い?ワキガの臭いや原因、対策法を一挙大公開!

0