【男の隠毛は永久脱毛できる?!】脱毛方法・痛み・金額を徹底検証!

更新日:

男の隠毛を永久脱毛するには?

男 脱毛 隠毛

陰毛の量が多く、困っている男性の方は多いと思います。

陰毛が多いと下着の中が蒸れたりして、衛生面でもトラブルを引き起こしがちですが、陰毛を脱毛することは可能なのでしょうか。

陰毛は、他の体の部位と同様に可能となっており、陰毛を永久脱毛したいと考えている方にとっておすすめの脱毛方法が、クリニックによる医療(レーザー)脱毛です。

レーザー脱毛とは、皮膚に強度なレーザーを当てることにより、毛母細胞という細胞を破壊することにより、毛が再び生えてこないようにするための脱毛方法になります。

陰毛の脱毛は、通称VIO脱毛と呼ばれます。

VIO脱毛とは、各部位のラインの特徴をあらわしたものであり、Vラインがビキニラインと呼ばれる両足前部の足の付け根の部分、Iラインとは、下から股間を覗いた際の足の付け根部分、そしてOラインとは、肛門の周りのラインになります。

現在では、このVIOラインの脱毛を行うクリニックの数も増えてきており、VIOラインすべてを脱毛することはもちろん、いずれかのラインを選択して脱毛を行うということもできます。

医療(レーザー)脱毛とは?

医療(レーザー)脱毛とは、医療機関(クリニック)で受けることのできる脱毛方法のことです。

レーザー脱毛の特徴は、脱毛効果が高く、永久脱毛を行う事が可能になる点です。

医療機関で扱うレーザー脱毛機器は、一般のエステサロンや市販では扱うことのできないような強力なレーザーを照射できる専門の医療機器であり、医師や看護師といった専門の資格を有する者にしか扱うことができません。

その他のレーザー脱毛のメリットとしては、広範囲にわたってレーザー照射を行う事が可能であるため、1回の脱毛で多くの毛を処理できるという点になります。

レーザー脱毛を行うクリニックによって、扱う機器も異なりますが、機器によって特徴が異なりますので、レーザー脱毛を検討されている方は、各クリニックの取り扱う機器をホームページで確認したり、カウンセリングの際に説明を受けるようにしましょう。

扱う機器が違うだけでも、痛みの感じやすさや、1回で脱毛できる量や、脱毛効果を実感できるまでの期間も変わってきます。

隠毛を永久脱毛するまでの回数は?

陰毛を永久脱毛するまでには、どれくらいの回数が必要になるのでしょうか。

まず、陰毛に限らず、毛の量や濃さには個人差がありますので、人によって脱毛が完了するまでの期間というのは異なりますが、一般的には6回~10回を目安にするといいでしょう。

完全に怪我無くなり、触った感触がすべすべしたように感じることができるまでは、10回は脱毛する必要があると考えるのが基本です。

陰毛が目立たない、もしくは、違和感を感じないという程度でOKという場合いは、5回~6回程度が目安になります。

また、脱毛が完了するまでの回数ですが、1週間で5回行ってしまうなどといった短期間で終了させることはできません。

というのも、脱毛は毛周期というものに基づいて行われるためであり、基本的には脱毛の頻度は、2~3カ月に1回のペースということになります。

毛周期とは、毛が成長して抜け落ち、また次の毛をはやすための準備を行う一連の期間のことを指し、具体的には成長期→退行期→休止期という流れに分類されます。

そして、脱毛はどの部分の毛であっても、成長期にかけて行われます。

成長期においては、毛の元となる細胞である毛母細胞の働きが活発になり、分裂を繰り返しながら毛が皮膚の表面に現れてきます。

脱毛はこのタイミングで行われますが、この成長期の訪れるスパンが、大体2~3カ月ということになります。

ですので、6回~10回という回数をこのスパンで行うということは、期間的にはおよそ1年から1年半はかかると考えておきましょう。

これだけの期間をかけて脱毛を行いますので、通いやすいサロンを選択する、もしくは納得のいく施術を行ってくれるサロンを選択するようにしましょう。

レーザー脱毛の痛みは?

ご自身で毛の処理をされたことがある方はご存知かとは思いますが、脱毛には痛みが伴います。

では、レーザー脱毛での痛みはどの程度のものなのでしょうか。

まず結論から言うと、レーザー脱毛での陰毛の脱毛には痛みが伴います。

特にVIOラインは毛が密集している他、神経が近い場所の場合、さらに強い痛みを感じます。

日本人男性は、外国人と比較しても陰毛の量が多い、長いという傾向にありますので、特に痛みを感じやすい部分であるといえます。

痛みの感覚としては、皮膚が熱くなる、輪ゴムではじかれたような様なイメージという口コミが多くなっており、人によっては耐え難い痛みを感じることもあります。

あまりの痛みに脱毛を断念してしまうような方もいるようですので、あらかじめその点は認識しておきましょう。

痛みを感じるのは嫌だけど、どうしても永久脱毛したいという方の場合には、麻酔を使用するということも考えましょう。

レーザー脱毛を行うクリニックでは脱毛に際して麻酔を使用することもでき、脱毛部分にクリームを塗ったり、笑気ガスという特殊なガスを吸引する方法があります。

クリームの場合、肌が弱い人は使えない可能性もありますので、医師と相談のうえで決めましょう。

笑気ガスは、使うことで痛みを軽減したり、脱毛の恐怖心を緩和する効果があります。

笑気ガスでの麻酔は、全身麻酔ではないので、麻酔の量を調節しながら、スタッフが声掛けを行っていき、最適な量を使用します。

人によっては気分が悪くなってしまう方もいますので、体調に異変を感じたらスタッフにすぐに伝えましょう。

永久脱毛するまでに掛かる金額は?

陰毛の永久脱毛をするまでにかかる金額は、脱毛を行う箇所によって異なります。

各クリニックでは脱毛のコースがあり、VIOラインをすべて脱毛するコースや、各ラインを選択して行う様なコースがあります。

VIOラインをすべて脱毛する場合には、永久脱毛するまでの期間で、およそ10万円ほどの費用がかかります。

VIOすべてを脱毛する必要がなく、いずれかの部位を脱毛したいという場合、大体5~6万円ほどと考えておきましょう。

この価格を安いと感じるか高いと感じるかは人それぞれですが、せっかくお金を払って行うのですから、最後まで根気強く通うようにしたいところです。

医療脱毛が受けられるクリニック3選

ここでは、隠毛の医療脱毛が受けられるクリニックを3つ紹介します。

どのクリニックも評判が高く、安全性の高いクリニックになりますので、安心してレーザー脱毛を受けることができます。

湘南美容クリニック

湘南美容外科_ロゴマーク
Vライン脱毛:28,750円(6回)
脱毛方法:レーザー脱毛
湘南美容クリニック公式サイトはこちら

<特徴>

湘南美容外科は累計実績530,000件以上を突破した実績の高さがある医療脱毛クリニックです。

2017年の実績も151,153件あり、全国に57院以上も展開している、信頼と知名度の高い医療脱毛クリニックです。

料金的にも非常に安価に設定されており、28,750円でVラインの脱毛を行うことができます。

大手ならではの安全性の高さや接客、アフターフォローも充実しており、初めての脱毛でも安心して通うことができます。

<参考記事>

⇒公式サイトはこちら

ゴリラクリニック

ゴリラクリニック ロゴ
Vライン脱毛:63,000円(5回)
脱毛方法:レーザー脱毛
ゴリラクリニック公式サイトはこちら

<特徴>

ゴリラ脱毛最大の特徴は「強力なパワーで脱毛を行う」ということです。

パワーが強いということで高い脱毛効果は期待できるのですが、痛みが強くなってしまうというデメリットがあります。

そのデメリットを克服するためにゴリラクリニックでは、3種類の麻酔を用意しており、その人に最適な麻酔を行うことができるため、安心して髭脱毛を受けることができます。

また「隠毛の脱毛を女性にしてもらうのは抵抗がある」という人も、ゴリラクリニックは施術者全員が男性ですので安心です。

<参考記事>

⇒公式サイトはこちら

メンズリぜ

メンズリゼ ロゴ
Vライン脱毛:59,800円(5回)
脱毛方法:レーザー脱毛
メンズリぜ公式サイトはこちら

<特徴>

CMなどで知名度の高いメンズリぜですが、メンズリぜも非常にユーザーから評価の高いクリニックになります。

メンズリぜも施術を行うスタッフは全員男性が担当することで、女性に陰部を見られるという心配を無くしています。

<参考記事>

⇒公式サイトはこちら

隠毛を永久脱毛するメリット・デメリット

男性 疑問

陰毛を永久脱毛することにメリットやデメリットは、以下のようになります。

メリット

まず、陰毛を永久脱毛することにより、陰部のムレを防止することができます

陰部は普段下着で覆われていますが、陰毛の量が多いことで湿度が上がり、陰部や股間が蒸れる原因になってしまいます。

特に夏場の暑い時期や、湿度の高いような季節や環境においては特に蒸れやすくなり、それが原因で陰部がかゆくなったり、においが生じてしまうこともあります。

さらには、陰毛には便が付着することもあり、付着した状態を放置することで、陰部に菌が繁殖してしまったりして、非常に不衛生です。

さらに、陰毛の量が多い、毛が長いことが原因で、それが陰茎に絡まったりしてしまいます。

陰部の脱毛を行う事により、こうした心配がなくなり、清潔感のある状態をキープすることができます。

また、陰部を脱毛することにより、異性からの印象が良くなります。

日本では男性が陰毛を処理するという文化はあまり浸透していませんが、欧米をはじめとする海外諸国では、男性もムダ毛を処理するのがマナーとされています。

さらには、陰毛を脱毛することにより、陰茎の見える範囲が広くなり、相対的に男性部分が大きく見えるようになります。

陰茎の小ささに悩んでいる方にも、陰毛の脱毛はメリットがあるといえます。

デメリット

次に陰毛脱毛のデメリットですが、まずは脱毛に際しての痛みが挙げられます。

上記でも解説の通り、脱毛には痛みが伴うものであり、特に陰毛脱毛の場合、他の毛と比較してもかなりの痛みが生じます。

VIOラインは、場所によっては神経に近い部分もあり、それ故に熱さを感じたり、ゴムではじかれたような痛みを感じます。

VIOラインの毛は他の体毛よりも太いというのも、痛みを感じる原因になります。

また、陰毛脱毛のもう1つのデメリットとしては、恥ずかしいという点も挙げられます。

陰毛を脱毛するということは、陰部や肛門をスタッフに見られるということですので、かなりの恥ずかしさがあります。

もちろん、プライバシーの保護された空間で行いますので、見られるといってもスタッフだけですので、どうしても陰毛の脱毛をしたいというのであれば、この点は避けては通れないものと考えておきましょう。

さらには、これは陰毛に限ったことではありませんが、永久脱毛を行うと、その部分にはほとんど毛が生えてこないということになります。

あまりに広範囲を脱毛し過ぎて、ツルツルになりすぎてしまったことで、逆に男性同士で温泉に行ったときなどに恥ずかしさを感じてしまうこともあります。

一度脱毛したら元に戻らないということはしっかり認識したうえで、それでも脱毛した部分を脱毛するようにしましょう。

脱毛に際しては、しっかりクリニックのスタッフと相談して決定してください。

まとめ

以上、陰毛の脱毛について解説してきました。

脱毛というと、女性が行うものという考え方は古く、男性も積極的に脱毛を行う時代になってきました。

それに伴い、今回紹介したような、男性専用のクリニックの数も増加傾向にあります。

日本人男性は欧米人と比較すると、まだまだ毛に関する認識が薄いのが現状です。

陰毛でお悩みの方は、まずはクリニックに行ってカウンセリングを受けてみることをおすすめします。

<おすすめ関連記事>

0