髭を永久脱毛できるサロン5選!費用・効果・痛みについて徹底解説!

更新日:

髭を永久脱毛したい

髭 男

髭にお困りの方は多いと思います。

髭が濃い、量が多いと剃り残しや髭の色が目立つなどして、それがコンプレックスになっている人も少なくありません。

そこでおすすめなのが髭脱毛という手段です。

髭脱毛は、自宅ではなくエステサロンやクリニックにて行われる脱毛方法であり、永久脱毛の効果を期待できるものもあります。

以下では、髭の永久脱毛について詳しく解説していきます。

そもそも髭を永久脱毛することは可能?

そもそも、髭を永久脱毛することはできるのでしょうか。

永久脱毛という名前を聞くと、「一生毛(髭)が生えてこない」ようにも思えますが、実際のところは、必ずしもそうとは言い切れません。

実は、「永久脱毛」とは、一生毛が生えてこないということではなく、永久脱毛効果があるとされる脱毛方法で脱毛しても、今後100%1本も毛が生えてこないということはありません。

これは矛盾しているようにも思えますが、永久脱毛に関しては定義づけがされており、以下のような認識がなされています。

まず、電気脱毛協会における永久脱毛の定義は、「脱毛施術1カ月後の時点で、毛の再生率が20%以下」とされています。

また、アメリカにおける日本の厚生労働省的な省庁であるFDAでも永久脱毛に関しての定義づけがされており、それによると、「脱毛施術を3回行った6カ月後に2/3以上の毛が減っていること」とされています。

したがって、永久脱毛を行っても、すべての毛がなくなるということはありません。

しかし、それでも放置しておくと元のような状態に戻るということはなく、ある程度の量の毛は無くすことができると考えて問題ありません。

今回は、永久脱毛ができる方法について紹介していきますが、エステサロンで行う様な光脱毛(フラッシュ脱毛)という方法の場合、脱毛を行ってもほぼすべての毛が再生してしまいますので、これは永久脱毛の定義に当てはまりません。

毛の濃さや量に悩んでいるという人は、やはり永久脱毛を検討するのがベターといえます。

永久脱毛できる脱毛方法

以下では、永久脱毛できる脱毛方法を紹介していきます。

紹介する2種類の脱毛方法は、いずれも永久脱毛効果が期待できますが、それぞれに特徴がありますので、以下詳しく見ていきましょう。

レーザー脱毛

まず紹介するレーザー脱毛は、肌にレーザーを照射して脱毛を行う方法になります。

医療機関(クリニック)にて行われる脱毛方法であることから、医療脱毛と呼ばれることもありますが、医師や看護師といった特別な資格を有する医療従事者が、特殊な医療機器を用いて脱毛を行います。

レーザーを当てることで、毛の元となる毛母細胞という細胞を破壊し、毛が生えてくることを抑止します。

1回で広範囲の脱毛が可能になり、脱毛効果も高いですが、レーザーを当てることにより肌がヒリヒリと感じたり、あれてしまうこともあります。

毛嚢炎(もうのうえん)という症状を引き起こす可能性もあります。

レーザーを当てた後は、毛穴の機能が通常よりも弱くなっています。

レーザー脱毛を行った後に、ニキビのような赤いぽつぽつができたら、毛嚢炎の可能性が高いといえます。

通常は1週間ほどで治りますので特に問題はないですが、治りが悪い場合には、医師に相談を行って下さい。

その他にも炎症や軽いむくみのような症状が出ることもありますので、肌に不安がある方は、まずはカウンセリングを受けてから行うようにしましょう。

それでも、レーザー脱毛はセルフで脱毛を行う場合と比べると、医療のプロが行う脱毛方法ということで、肌へのダメージはそこまで大きくなく、むしろ素人が行うよりも安全性は高い脱毛方法といえます。

エステサロンでは使えないような強度の強いレーザーを照射して脱毛しますので、脱毛効果に関しても問題ありません。

医療機関で行う脱毛ということで、薬を別途処方してもらえることもあり、クリニックによっては無料で処方を受けることができます。

ニードル脱毛

ニードル脱毛とは、別名針脱毛・美容電気脱毛とも呼ばれる脱毛方法ですが、その方法は、毛穴に針(ニードル)を刺し、そこに電流を流すことで毛根を破壊し、永久脱毛を行う方法になります。

ニードル脱毛の特徴は、毛の1本1本に対してアプローチしていくことから、どこの毛を脱毛し、どこの毛を残すかといった、メリハリのある脱毛が可能です。

特に髭脱毛の場合、すべての髭を脱毛してしまうのではなく、人によっては特定のぶぶんだけは残してデザインしたいという人もいるはずです。

そのような方の場合は、デザイン脱毛が可能なニードル脱毛をおすすめします。

毛穴1つ1つにアプローチしていく分、脱毛にはかなりの時間がかかり、1回の脱毛で取り除かれる毛の量は、レーザー脱毛と比較すると非常に少なくなります。

それでも、永久脱毛の効果としてはかなり高いものがありますので、どうしても永久脱毛をしたいと考える場合には、検討してみるといいでしょう。

デメリットとしては、詳しくは後程解説しますが、非常に強い痛みを感じる点が挙げられます。

また、料金に関してもそれなりの額になりますので、しっかりと予算を確認したうえで利用するようにしてください。

永久脱毛の痛みは?

永久脱毛の痛みは、どれくらいのものなのでしょうか。

上記で紹介した永久脱毛方法のいずれも、痛みが伴うものです。

特に髭の場合、口の周りに多くの神経が通っていることや、毛が密集していることから、他の部位と比較してもかなりの痛みを感じることがあります。

ニードル脱毛・レーザー脱毛ともに痛みを感じる点はデメリットではありますが、両者のうち、ニードル脱毛はかなりの痛みが伴います。

毛穴に針を刺し、さらにそこに電流を流すという工程の中で、人によっては冷や汗が出てしまうほどの痛みを感じてしまうこともあります。

レーザー脱毛に関しても痛みはありますが、最近では医療機器も進化を遂げており、痛みを軽減するような工夫を各クリニックが行っています。

レーザー脱毛を行っているクリニックのホームページを見れば、どのような機器を扱っているかを確認することができます。

脱毛効果だけでなく、痛みにまでこだわった脱毛を行ってくれるような場所を見つけるというのは、痛みが苦手な方にとっては非常に大事です。

また、レーザー脱毛を行う際には麻酔を使用することができます。

麻酔クリームを照射部分に塗る他、笑気ガスを吸引することにより痛みと恐怖心を和らげる方法があります。

痛みに対して不安が多いという方は、麻酔の使用も検討するといいでしょう。

永久脱毛までの脱毛回数

永久脱毛は、1回の脱毛で完了するということはありません。

脱毛が完了するまでの脱毛回数に付いては個人差があり、その人の毛の質や量によって異なりますが、基本的には3~6回が目安になります。

また、脱毛は1週間に1度などの短いスパンで行われることはなく、2~3か月に1回のペースで行います。

したがって、この頻度で3~6回の脱毛を行うということは、永久脱毛が完了するまでには、半年から1年ほどの期間がかかるということになります。

これだけの期間をかけてようやく永久脱毛が完了するということになりますので、通いやすい立地にあるサロンを選択するようにしましょう。

どうしても脱毛と脱毛の間に期間ができてしまうと、自然と足が遠ざかってしまうものです。

自宅から近い、もしくは職場から近いなどの場所にあるところを探してみましょう。

脱毛が2〜3ヶ月に1度なのはなぜ?

上記では、脱毛の頻度が2~3か月に1度のペースで行われると解説しましたが、なぜこれだけの期間を空けて行わなければいけないのでしょうか。

それは、脱毛は、「毛周期」というサイクルを考えたうえで行われるためです。

毛周期というのは、毛が生えてから抜けるまでの一連の流れのことですが、より詳細に見ていくと、成長期→退行期→休止期に分けて考えることができます。

まず、成長期とは、毛が成長を行う期間ですが、この成長期はさらに細かく2つに分類することができます。

まず、最初の成長初期という段階においては、毛の元となる毛母細胞画分裂を開始します。

つまりこの時期においては、毛を作るための準備が皮膚の下で行われている段階といえます。

この時にはまだ毛は皮膚の外に出ていない、もしくは、出ていても少ししか見えていないという段階にあります。

次に、本格的な成長期になると、毛母細胞の分裂がより活性化されて、毛が成長して、皮膚の外に飛び出して目立つようになってきます。

成長期を終えた毛は、そこから退行期に入ります。

退行期では、毛母細胞の分裂が活力を失い始め、これ以上毛が生えてこないという段階に入ります。

そして休止期においては、毛母細胞活動が終了し、次の分裂に備えて休みに入る期間になります。

髭脱毛においては、成長期のタイミングで行われますが、この成長期は、2~3カ月に1回のペースで回ってくるために、髭脱毛を行う頻度がこのような期間になります。

退行期や休止期に脱毛を行っても、脱毛効果を得ることができませんので、必ずこのサイクルを意識して脱毛を行う必要があります。

髭の永久脱毛ができるサロン3選【費用も紹介】

ここでは髭脱毛のできるサロンを3つ紹介します。

MEN’S TBC【ニードル脱毛】

MEN'S TBC
料金:1,000円(初回:150本)
脱毛方法:ニードル脱毛
MEN’S TBC公式サイトはこちら

<特徴>

MEN’S TBCでは、ニードル脱毛に独自のアレンジを加えた「美容電気脱毛」という方法で髭脱毛を行なっております。

ニードル脱毛よりも、より効果や安全性を高めた方法で、実際に施術を受けた人からは非常に高い評判を得ています。

またMEN’S TBCでは初回体験の人に限り、150本1,000円で行うことができるため、大変お得です。

ニードル脱毛での髭脱毛を検討している人は、1度MEN’S TBCで体験を行なっておきましょう。

<参考記事>

⇒公式サイトはこちら

湘南美容クリニック【レーザー脱毛】

湘南美容外科_ロゴマーク
料金:29,800円(6回)
脱毛方法:レーザー脱毛
湘南美容クリニック公式サイトはこちら

<特徴>

湘南美容外科は累計実績530,000件以上を突破した実績の高さがある医療脱毛クリニックです。

2017年の実績も151,153件あり、全国に57院以上も展開している、信頼と知名度の高い医療脱毛クリニックです。

ヒゲ脱毛は3部位(上口ヒゲ+アゴ+アゴ下)を29,800円で受けることができ、医療機関で髭を脱毛したい方には料金面でもおすすめです。

大手ならではの安全性の高さや接客、アフターフォローも充実しており、初めての脱毛でも安心して通うことができます。

<参考記事>

⇒公式サイトはこちら

ゴリラクリニック【レーザー脱毛】

ゴリラクリニック ロゴ
料金:68,800円(6回)
脱毛方法:レーザー脱毛
ゴリラクリニック公式サイトはこちら

<特徴>

ゴリラ脱毛最大の特徴は「強力なパワーで髭脱毛を行う」ということです。

パワーが強いということで高い脱毛効果は期待できるのですが、痛みが強くなってしまうというデメリットがあります。

そのデメリットを克服するためにゴリラクリニックでは、3種類の麻酔を用意しており、その人に最適な麻酔を行うことができるため、安心して髭脱毛を受けることができます。

また、髭脱毛のコース終了後は3年間100円で脱毛を何度でも行うことが可能という点も、高い評価を得ている1つの要因です。

<参考記事>

⇒公式サイトはこちら

まとめ

以上、髭脱毛に関して解説を行ってきました。

髭は剃っても剃っても生えてくる存在であり、社会人の方を中心に厄介な存在に感じている方は多いと思います。

そのうえで、永久脱毛というのは、髭に対するアプローチの1つの手段として考えられます。

永久脱毛というのは女性が行うイメージが強いですが、毛に関する悩みは男性も同じですし、特に髭は男性特有の悩みです。

今回解説した内容を参考にして、まずはカウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか。

<おすすめ関連記事>

0