うどんのカロリーは低い?!ダイエットに向いているのかも検証!

更新日:

うどんのカロリーは低いって本当?

うどん カロリー

どれしもが1度は必ず食べたことがあるであろう「うどん」

ダイエット中の人は、そのカロリーが気になるのではないのでしょうか?

この記事では、うどんの調理別カロリーとダイエットに向いているのかどうかについて解説を行っていきます。

気になるうどんのカロリーは?

まず、うどんのカロリーについて見ていきましょう。

うどんのカロリーは、100g当たりで100カロリーほどとなっており、白米と比較しても低いというのが特徴です。

一般的に売られていたり、お店で提供されるうどんの面の量は大体250gほどですので、カロリーについては大体250カロリーとなります。

これはうどんの麺のカロリーであり、ここにトッピングやつゆのカロリーも加算されます。

うどんにはバリエーションが豊富にあり、チェーンのうどん屋でも、そのメニュー数はかなりの数に上ります。

天ぷらうどんやキツネうどん、たぬきうどん、肉うどんにカレーうどんなど、カロリーの高いものとの組み合わせが多いのが特徴です。

天ぷらの場合は油を使っていますので、天ぷらの量にもよりますが、上記のうどんのカロリーに200から300カロリーが加算されますし、肉うどんやカレーうどんの場合も軽く500カロリーを超えてきます。

ヘルシーに食べるのであればかけうどんを食べる、もしくは山菜やキノコを入れて食べるというようにしましょう。

山菜うどんの場合は、そこまでカロリーも加算されないので、合計のカロリーは大体350カロリーほどになります。

うどんの麺自体は小麦粉で作られており、三大栄養素であるタンパク質・糖質・脂質のバランスについては、糖質がメインとなり、タンパク質は少なく、脂質はほとんどありません。

その他、小麦粉にはミネラルなどの栄養素も含まれていますが、決して豊富とは言えないので、別途野菜などで補う必要があります。

他の麺類とカロリーを比較

うどんのカロリーについては上記で解説を行いましたが、他の麺類のカロリーはどのくらいなのでしょうか?

ここでは、うどん以外の麺類のカロリーについて解説を行なっていきます。

そうめん

そうめんのカロリーは、1杯当たり大体250から300カロリーとなっています。

そうめんの場合、食べ方がシンプルで余計なトッピングをしないで食べるのが一般的ですので、その分カロリーを制限することができます。

また、そうめんには通常の乾麺と、手延べそうめんがありますが、手延べそうめんの方が若干カロリーは低くなっています。

そうめんの場合、麺が細いのであまり噛まないで食べてしまう傾向にありますが、しっかり噛んで食べないと消化に悪いので、その辺は注意が必要です。

ラーメン

次に、麺類の中でも絶大な人気を誇るラーメンのカロリーを見ていきます。

ラーメンの場合、スープの味によってカロリーに変動がありますが、基本的には650から700カロリーになり、うどんよりも高いカロリーになっています。

ラーメンには糖質と脂質が多く、またスープには塩分が多いので、食べることで脂肪を蓄えてしまう可能性があり、またむくみの原因にもなります。

ラーメンはよく、飲み会の後の〆として食べられることが多いですが、あるアルコールを飲むと肝臓がアルコール分解に使われ、糖質と脂質の分解がおろそかになってしまいますので、ダイエットをしているのであれば、避けるようにしましょう。

そば

次に、うどんと並んで人気のある麺類である、そばのカロリーについて確認します。

通常、そばやに行けばうどんもメニューにあると思いますので、どちらを頼むかは悩むところだと思います。

そばに関しては、うどんとカロリーはほとんど同じで、通常のかけそばであれば300から350カロリーになります。

そばはそば粉と小麦粉を混ぜて作るのが一般的で、そば粉のみを使用したそばはほとんどありません。

そばに関してもてんぷらを追加したりすることでカロリーが上がってしまいますので、注意が必要です。

うどんに栄養はあるの?

上記でも少し解説しましたが、改めてうどんの栄養価について見ていきます。

うどんの減量は小麦粉ですので、三大栄養素の中で最も多くなるのは糖質です。

タンパク質、脂質に関しては非常に少なくなっています。

含まれる栄養素としては、マグネシウムやカルシウムなどがありますが、そこまで期待できるほどの量は入っていません。

うどんは水分が多いので、健康食として食べるよりも、主食として食べてその他に野菜を補うという形にしましょう。

下記で詳しく解説しますが、うどんは糖質が多く、素早くエネルギーになるので、運動をする前に食べるのをおすすめします。

体調を崩した際には、エネルギーを補給する必要があるので、その際には食べやすく素早くエネルギーになるうどんを食べることは良いことといえます。

うどんはダイエットに向いているの?

男性 疑問

うどんのカロリーについて解説を行ってきましたが、うどんは結局ダイエット向きの食事と言えるのでしょうか?

ここでは、うどんがダイエットに向いているかどうかを解説していきたいと思います。

うどんはダイエットには不向き

うどんがダイエットに向いているか否かについては、まず結論から言うと、不向きであるといえます。

というのも、うどんは糖質の中でも血糖値を上げやすい食材であり、それがダイエットの妨げになることがあるためです。

血糖値の上昇の速さを数値化したものをGI値といいます。

GI値とは、グリセミック・インデックス値の略称ですが、このGI値が高いほど、血糖値の上昇スピードが早いということになりますが、うどんをはじめとする小麦粉製品は、GI値が高い傾向にあります。

うどん以外だと、白米やパスタ、パンもGI値が高くなっています。

血糖値が上昇すると、これを下げようとしてインスリンというホルモンが分泌されますが、このインスリンが分泌されることで脂肪の分解が抑制され、蓄積しやすくなってしまいます。

一方、このGI値が低い食材として、麺類の中ではそばがあります。

上記では、そばのカロリーがうどんとほとんど変わらないと解説しましたが、そばは食べても血糖値の上昇が緩やかなことから、うどんかそばかで悩んだときには、なるべくそばを食べるようにしましょう。

うどんはエネルギー補給向き

上記では、うどんがGI値が高いことからダイエットに向かないと解説しました。

しかし、うどんも食べるタイミングをしっかり意識することで、うどんが持つ特徴を生かすことが可能になります。

というのも、まずうどんは消化が早いので、素早くエネルギーとして利用することが可能です。

長時間の有酸素運動や激しいウエイトトレーニングを行う前にうどんを食べることで素早くエネルギー変換を行う事ができ、運動のパフォーマンスを上げることができます。

GI値の高い食品はそれだけ吸収も早いので、エネルギーを要する運動の前には最適な食材といます。

運動前にうどんを食べるのはもちろん、午前と午後の2部練習を行う場合、お昼にうどんを食べることで素早くエネルギーを補給することができますので、おすすめです。

運動をする際にうどんを食べる時の注意点としては、まず揚げ物を入れないようにするということです。

揚げ物を入れてしまうと、胃がもたれてしまい、運動のパフォーマンスを落としてしまう可能性があります。

また、かけうどんを食べる時には、つゆは飲み干さないことをおすすめします。

うどんのつゆには塩分が多く含まれるので、飲み干すことにより喉が渇きやすくなってしまいます。

また、しっかり噛んで食べないと消化が悪くなりますので、時間があまりない状況でも、しっかり噛んで食べてください。

サプリメントを服用する

それでも「どうしてもうどんが食べたい」という方にはカロリーカットサプリがおすすめです。

カロリーカットサプリには糖質(カロリー)の吸収を抑える効果があり、ダイエット 中の食事に打ってつけです。

おすすめのカロリーカットサプリ【メタバリアEX】

メタバリアEX
初回購入価格:500円(税込)+送料無料
内容量:約14日分
公式サイトはこちら

メタバリアEXはFUJIFILM開発の累計400万個販売されているカロリーカットサプリです。

主成分のサラシノールの効果により酵素の分解を抑え、糖質の吸収を抑えます。

初回価格も500円と安価に設定されているため、試しやすいかと思います。

【参考記事】

⇒公式サイトはこちら

まとめ

うどんのカロリーやダイエットの向き不向きについて解説を行ってきました。

うどんはダイエット向きではありませんが、エネルギーになりやすいのでスポーツ中の食事には適しています。

また、ダイエット中にうどんを食べたいという人はサプリメントを一緒に摂れば、吸収を抑えることが可能です。

<おすすめ関連記事>

0