【下半身太りを解消!】下半身痩せに1番効果があるのは筋トレ?グッズ?

更新日:

そもそも下半身太りの原因とは?

下半身太り 下半身痩せ

下半身の太さに悩む人は多いと思います。

よく、足が太くなるのは遺伝が大きく影響しているといわれます。

確かに体格や体質を引き継ぐということは少なからずありますが、単に遺伝と割り切ってしまうのは早計です。

まず、下半身太りしてしまう原因として、運動不足があります。

運動をしないということは、それだけ筋肉を使用しないということになります。

筋肉を使用しなければ、筋肉が成長しないどころか、どんどん退化していってしまいます。

筋肉の量が少ないと代謝が悪化し、それによりどんどん脂肪がたまっていきます。

運動に関しては有酸素運動や筋トレ(無酸素運動)がありますが、まずはしっかり下半身を動かすということが大事になります。

下半身の筋肉は非常に大きく、鍛えることで代謝を向上させることができ、逆にここの筋肉の量が少ないと脂肪がたまりやすい大使るになってしまいます。

また、食事内容も過半数太りに影響します。

脂質や糖質の多い食事を多く食べることにより脂肪がたまる他、塩分の多い食材を食べると、下半身にむくみが生じます。

運動と食事のバランスを取り、規則正しい生活を送ることがまずは大事になります。

日常生活からできる下半身痩せの方法

気になる下半身太りの原因は日常生活に潜んでいる可能性があります。

ここでは日常生活からできる下半身痩せの方法を紹介します。

歩き方を変える

まずは歩き方を意識するだけでも、下半身痩せを実現することが出来ます。

歩くという行為は幼いころから身に付ける行為ですが、正しい姿勢で歩けていないと、いつの間にか足が太くなってしまいます。

まず下半身を細くするために意識すべき歩き方は、まっすぐ背筋を伸ばして立つところから始めます。

この状態を意識することで、体幹を使って歩くことが出来ます。

歩く時は当然足を使いますが、足だけを動かすのではなく、骨盤を意識し、骨盤をしっかり動かし、体幹をブラさずに歩くことで、細い足を作ることが出来ます。

むくみを抑える食べ物を摂るようにする

脚のむくみは放っておくと下半身太りの原因となります。

むくみのうちに早めに対処することが重要です。

・トマト

トマトはむくみに効果がある野菜として知られています。

トマトにはカリウムという成分が豊富に含まれていますが、このカリウムが体内の塩分(ナトリウム)を排出し、下半身のむくみを解消してくれます。

そのまま食べてもいいですし、トマトジュースを飲むのもおすすめです。

・パセリ

パセリにもカリウムが含まれておりますので、体内の水分をコントロールする機能があり、体に蓄積された水分やナトリウムを体外に出してくれる役割を持ちます。

塩分の多めの食事を日々続けることで脚にむくみが生じますが、パセリを少量でも良いので食べることにより、これを解消しやすくなります。

パセリを単体で食べるのはなかなか大変ですが、細かく切って料理に一つまみ入れるだけでも違いますので、色々な料理に入れてみましょう。

・アーモンド

アーモンドには、ビタミンEが豊富に含まれています。

ビタミンEには血行を促進させるという効果がありますが、血行を促進することによりむくみを解消することが出来ます。

脚を始めとして体の各部位の血行が悪化することでむくみが生じます。

特に下半身の筋肉の1つであるふくらはぎは、第二の心臓とも呼ばれており、心臓から流れてきた血液を送りかえすポンプの役割を担っていますが、血流が悪化することでどんどんむくみが悪化していきます。

上記で紹介したカリウムの多い食材を食べる他にも、アーモンドのようにビタミンEの多い食材を食べることも意識しましょう。

【部位別】自宅でできる下半身痩せ筋トレ

下半身痩せのための筋トレは自宅でも簡単に行うことができます。

ここでは下半身痩せのための筋トレを5つ紹介します。

ふくらはぎを細くする筋トレ

ふくらはぎを細くする筋トレについて紹介します。

やり方としては、まず左右の膝をお互いにつけた状態で真っすぐ立ちます。

この時意識するのは、膝の意識を外側に向けた状態で、お尻をきゅっと締めるという点です。

その状態から、かかとをゆっくり上げていきます。

かかとを上げたら、今度はゆっくり元に戻していきます。

この動作を10回繰り返します。

次に行うエクササイズは、先ほどのエクササイズのスタートポジションを取った後、今度はつま先を上げてかかとで体重を支えます。

つま先の上げ下げを10回行いましょう。

次のエクササイズでは、かかとを合わせてつま先を外側に向けます。

その状態で、かかとの上げ下げを10回行います。

次のエクササイズでは、片方の脚を上げ、もう片方の脚で体重を支えます。

上げた脚はクロスするようにして下し、もう一度脚を上げ、今度は外側に下します。

これを10往復行います。

ポイントとしては、単に脚を上げるだけでなく、しっかり背筋を伸ばした状態で行うということです。

詳しいポイントについては、動画を参考にしてください。

お尻の形を整える筋トレ

次は、お尻のトレーニングを紹介します。

やり方としては、まずは床に仰向けの状態で寝ます。

この時、少し脚を開き、つま先を上げます。

この状態からお尻を上げていきます。

お尻を上げたら今度は下げていきますが、ここで注意するのは、お尻を地面に付けないようにして、地面すれすれの状態から再度浮かせるという動作を繰り返します。

これを10回行います。

次に、よりハイレベルなトレーニングを行います。

先ほどのエクササイズと同じスタートポジションから始めますが、こんどはこの状態から、片方の脚を前に出します。

脚を伸ばした状態で、先ほどのようにお尻を上げ下げしていきます。
やはりここでも、お尻を地面につけないように注意しましょう。

これを左右で10回ずつ行います。

足首を細くする筋トレ

次に、足首を細くするエクササイズについて紹介します。

足首の周りにも脂肪がたまりやすく、足首が太く見えると、シルエットにメリハリがなくなってしまします。

足首の位置を正しい方向に向けるためのトレーニングですが、足首をストレッチさせることで細くしていきます。

正座のような状態から片膝を立て、その状態で体を丸めるようにすると、膝を曲げたほうの脚の足首をストレッチさせることが出来ます。

次は、両膝を曲げた状態になり、その状態から手を前方につき、お尻をかかとにつけるようにして寄せていきます。

注意すべきポイントは、つま先が内側でも外側でもなく、まっすぐを向いていることを意識するということです。

お尻をかかとに使えたら、上半身を前に倒します。

この時、手は顔の前で向くようにしましょう。

次に、お尻を浮かせた状態で体育座りをするような状態になり、両ひざを腕で抱え、少しかかとを上げます。

かかとの上げ下げをしながら、足首をしっかりストレッチさせましょう。

【部位別】ジムで行う下半身痩せ筋トレ

上記で自宅でできる下半身痩せ筋トレを紹介しました。

ジムに通っている人、もしくは通う予定がある人は、ジムの器具を使って負荷をかけた筋トレを行いましょう。

自宅で行う筋トレよりも、より早い効果が期待できます。

ふくらはぎを細くする筋トレ【カーフレイズ】

器具を使用して行うふくらはぎのトレーニングの代表格とも言えるカーフレイズ。

やり方としては、スミスマシンで行う場合には、シャフトを担いだ状態で、かかとを上げ下げしながらふくらはぎを鍛えていきます。

かかとは地面につかないように注意しましょう。

よりしっかり鍛えたい場合には、負荷をかけて行うことをおすすめします。

負荷をかけることによりふくらはぎの筋肉を強化できるだけでなく、足首を鍛えて細くする効果も期待できます。

ふくらはぎを集中的に鍛えたい場合には、台を使用してつま先だけ乗せて、かかとを浮かせた状態で上げ下げを行うといいでしょう。

お尻の形を整える筋トレ【ヒップスラスト】

次はお尻のトレーニングです。

お尻トレーニングとして非常に人気のあるヒップスラストを紹介しますが、ジムにある器具としては、パワーラックを使用して行います。

背中はベンチに乗せます。

ポイントは、おへその下の当たりにシャフト(バー)が来るようにすることです。

手幅は肩幅と同じくらいの広さにしましょう。

脚も同様に肩幅と同じにしましょう。

スタートポジションが決まったら、お尻の力だけでバーを上げていきます。

脚に力が入りすぎないこと、背筋をしっかり伸ばすことを意識して行いましょう。

また、目線はおへそを見ながら行いましょう。

下半身痩せに効果の期待できるグッズ

下半身痩せはグッズを使っても可能です。

ここでは通販サイトなどで人気のある下半身痩せに効果のあるグッズを厳選して紹介します。

①レッグスライダー【レッグマジックX LGM-AMXX】

レッグスライダー

Amazon link
楽天link
Yahoo!ショッピング link

レッグスライダーという、脚を移動させることで脚の筋肉を鍛えることのできるマシンとして人気のあるレッグマジックX LGM-AMXX。

使い方は非常にシンプルで、両脚を台に乗せた状態で脚を広げる、閉じる、という動作を繰り返して行きます。

この動作を行う事で、太ももの内側の筋肉を鍛えることができ、引き締まった下半身を作ることが出来ます。

1セットの目安は60秒で、これを数セット行うことで太ももだけでなくお尻や足首のシェイプアップ効果も期待できます。

トレーニングDVDも付属されていますので、どのようなトレーニングが効果的かどうかについて動画を見ながら行う事ができます。

下半身の筋肉を鍛えることで、全体的な代謝を上げることができますので、お腹の引き締めにも効果が期待できます。

脚の筋肉は大きい筋肉なので、毎日行う必要はなく、2日に1回もしくは3日に1回行うようにしましょう。

②着圧ソックス【Sulali Slim(スラリスリム)】

Sulali Slim(スラリスリム) 着圧ソックス

⇒公式サイトはこちら

着圧ソックス商品は数多くありますが、Sulali Slim(スラリスリム)の特徴は以下のようになります。

まず、エラスタン繊維という素材を使用することで伸縮性を出し、それにより肌にしっかりフィットしながら引き締める事が可能になります。

着圧の構造も、脚の位置に合わせて着圧レベルを変えています。

ただ脚の筋肉を締め付けるのではなく、脚のツボに合わせて着圧していきますので、引き締め効果をしっかり得ることが可能です。

また、ふくらはぎの血流を促進する効果もあります。

ふくらはぎは第二の心臓とも呼ばれる大事な部位であり、血流を正しい状態にすることで冷え性やむくみの改善につなげてくれます。

寝ている間に履くことで効果を得ることができ、日中もすっきりした状態で過ごすことが出来ます。

長さも膝上まであるニーハイになっているので、太もももしっかりと着圧することが出来るのも嬉しい点です。

③ダイエットインソール【スリムコーチ ジェルインソール】

スリムコーチ ダイエットインソール

Amazon link
楽天link
Yahoo!ショッピング link

靴に入れて歩くだけで下半身の筋肉を鍛える事ができるスリムコーチ。

特殊なジェル構造となっており、かかとをしっかり包み込みながらしっかりと鍛えてくれます。

これを靴に入れて歩くことで、ただ歩いているだけなのにお尻やお腹の筋肉を使うことができます。

自然と内側の筋肉に力が入るようになることから、太もも、ふくらはぎ、お尻の内側を引き締め、O脚の改善にもつながります。

スニーカーだけでなく、パンプスに入れてもしっかり内側加重効果を得ることができますので、シーンを選ばずに使用できるのも嬉しい点です。

どうしても下半身太りを解消したければエステサロンもおすすめ

「筋トレをしても下半身太りが解消されない」「すぐに脚を細くしたい」という場合にはエステサロンで施術を受けるという選択肢もあります。

エステサロンでは、その人の悩みに合わせた施術を専用の機器と熟練のスタッフの手により行ってくれます。

また大手のエステサロンでは初回体験を通常料金よりも格安で受けることができるため、非常にお得です。

下記で下半身痩せのための施術を行ってくれるエステサロンを紹介しておりますので、気になる方は見てみてください。

【下半身痩せのための施術を行ってくれるエステサロンの紹介記事はこちら↓↓】

まとめ

下半身太りが気になる人に向けて、様々な下半身痩せの方法を解説してきました。

お腹などよりも案外目につきやすいのが脚の太さです。

ぜひ上記で紹介した下半身痩せ対策を行い理想の脚を手に入れてください。

<おすすめ関連記事>

【脚も気になるが下っ腹も気になるという方はこちら↓↓】

【脇腹の脂肪が気になるという方はこちら↓↓】